船橋株式会社 ホームページへ

エントリー

2015年10月の記事は以下のとおりです。

FS-1400商品紹介 その③

こんにちは
名古屋の船橋株式会社です。

今回も工事現場の作業員に人気のFS-1400 LIBRAの紹介をします。
FS-1400 LIBRAの安全性について紹介します。
 
FS-1400にはこのような反射帯が付いています。
この「ふなはし通信」でも紹介しましたが
作業用レインウェア反射帯比較③
http://www.2784.co.jp/communication/index.php/view/3

この反射帯はガラスビーズを使用しています。
FS-1400navy.JPG  

FS-1400shine.JPG 
ガラスビーズの特徴として、正面からの光に効果を発揮します。
(ガラスビーズを使っていないものと比べて3倍~4倍高い反射率)

また、反射帯の素材は柔らかく表面が滑らかなため
雨天時にも機能が損なわれることはありません。

FS-1400hannsya3.JPG

雨天時も夜間の作業も安全に行いたいですね。
 

今回紹介した商品の詳しい情報は以下のURLを度参照ください。
FS-1400 LIBRA
http://www.2784.co.jp/rainwear/fs-1400/
****************************
お問い合わせはこちらから。
船橋 株式会社
名古屋市中村区名駅五丁目23番8号
TEL 052-571-6346

FS-1400商品紹介 その②

こんにちは
名古屋の船橋株式会社です。

今回も工事現場の作業員に人気のFS-1400 LIBRAの紹介をします。
FS-1400 LIBRAの機能性について3つ紹介します。

まず1つ目
袖口ベルクロです。
 FS-1400_sode.JPG

これは、袖口をマジックテープで調節することで袖口からの雨の浸入を防ぎます。
マジックテープなら片手でも調節できますね。

2つ目
裾巾調節ボタンです。
 FS-1400_suso.JPG

ズボンの裾を調節することができます。長靴や安全靴など、どんな靴にも対応できます。
足元はたくさん動くのでボタンでしっかり留めることができます。


3つ目
背中の大型ベンチレーションです。
 FS-1400_benntire-syonn.JPG

背中に換気口があります。
作業中のウェア内の湿気を外に出し、外の風を取り込むことで快適に作業をすることができます。

 

今回紹介した商品の詳しい情報は以下のURLを度参照ください。
FS-1400 LIBRA
http://www.2784.co.jp/rainwear/fs-1400/
****************************
お問い合わせはこちらから。
船橋 株式会社
名古屋市中村区名駅五丁目23番8号
TEL 052-571-6346

FS-1400商品紹介 その①

 

こんにちは
名古屋の船橋株式会社です。

今回は工事現場の作業員に人気のFS-1400 LIBRAの紹介です。
 FS-1400navy.JPG
生地の裏を塩化ビニール(PVC)コーティングをしているので、
摩擦に強く厳しい環境での作業に適しています。
FS-1400navy2.JPG 


今回紹介した商品の詳しい情報は以下のURLを度参照ください。
FS-1400 LIBRA
http://www.2784.co.jp/rainwear/fs-1400/
****************************
お問い合わせはこちらから。
船橋 株式会社
名古屋市中村区名駅五丁目23番8号

FS-6000商品紹介 その③

  • 2015/10/23 13:00

こんにちは
船橋株式会社です。
前回に引き続き、消防団や工事現場の作業員に人気のFS-6000 安全レインを紹介します。

前回の記事はこちらから

FS-6000商品紹介 その①

http://www.2784.co.jp/communication/index.php/view/11

 

 2015-08-03-001.jpg

FS-6000は小柄な女性から180cm以上の大柄な方まで
どんな方でも着て頂けるように、全13サイズをご用意しております。

size.png


今回紹介した商品の詳しい情報は以下のURLを度参照ください。
FS-6000安全レイン
  http://www.2784.co.jp/rainwear/fs-6000/

****************************
お問い合わせはこちらから。
船橋 株式会社
名古屋市中村区名駅五丁目23番8号
TEL 052-571-6346

FS-6000商品紹介 その②

こんにちは

 

船橋株式会社です。

 

前回に引き続き、消防団や工事現場の作業員に人気のFS-6000

安全レインを紹介します。

前回の記事はこちらから

FS-6000 の商品紹介 その②

http://www.2784.co.jp/communication/index.php/view/11

 

 今回はFS-6000の安全性をご紹介します。

FS-6000の特徴として反射帯がたくさん付いて360°どの角度からの光でも反射します。

 

夜間や雨天時の作業も安全に行うことができます。

 

 

 

 

 

今回紹介した商品の詳しい情報は以下のURLを度参照ください。

 

FS-6000安全レイン

 

  http://www.2784.co.jp/rainwear/fs-6000/

 

 

 

****************************

 

お問い合わせはこちらから。

 

船橋 株式会社

 

名古屋市中村区名駅五丁目238

TEL 052-571-6346

 

FS-6000商品紹介 その①

  • 2015/10/19 13:00

こんにちは
名古屋の船橋株式会社です。
今回から、弊社の商品の紹介をしていきます。

消防団や工事現場の作業員に人気のFS-6000 安全レインの紹介です。

 2015-08-03-001.jpg

ズボンが無縫製なので破れにくいです。
 FS-6000muhousei.JPG

今回紹介した商品の詳しい情報は以下のURLを度参照ください。
FS-6000安全レイン
  http://www.2784.co.jp/rainwear/fs-6000/
****************************
お問い合わせはこちらから。
船橋 株式会社
名古屋市中村区名駅五丁目23番8号
TEL 052-571

レインウェアの透湿性

こんにちは
船橋株式会社です。
レインウェアを着ていると汗やムレでムシムシして不快な経験はありませんか?


1㎡あたりの生地から24時間でどれだけ水蒸気を逃がせるかを数字で示したのが透湿度です。
人間の1時間の発汗量の目安は、安静状態では50g、ウォーキングでは500g、ランニングでは1,000gとなっています。人間は意外と汗をかきます。(発汗量は個人差があります)

雨の中の作業を快適にするために透湿性のあるレインウェアを選びたいですね。
弊社の商品で透湿性が優れている商品はFS-6000 安全レインです。 

FS-6000tousitu.jpg

雨などの水の浸入を防ぐ性能もありますが、透湿度が2,000g/㎡・24hもあるので作業員の方のレインウェアの中が蒸れることなく快適に作業できます。

 

今回紹介したレインウェアの詳しい情報は以下のURLをご覧下さい。
FS-6000 安全レイン
http://www.2784.co.jp/rainwear/fs-6000/

次回からは商品の細かい紹介をしていきたいと思います。

 

****************************
お問い合わせはこちらから
船橋 株式会社
名古屋市中村区名駅五丁目23番8号
TEL 052-571-6346

 

レインウェアの耐水圧 その②

こんにちは
船橋株式会社です。
今回は弊社のレインウェアの耐水圧の高い商品を紹介します。

まずはFS-6000 安全レインです。

FS-6000taisui.jpg
作業現場の安全を意識したオールラウンドなレインウェアですが、
耐水圧が10,000㎜を超えているので、作業員の方が雨に濡れることなく快適に作業をすることができます。
 
次にFS-1400 LIBRAです。

FS-1400taisui.JPG
厳しい現場作業をこなすため耐久性を意識したレインウェアですが、
こちらも耐水圧が10,000㎜を超えているので、丈夫かつ雨に濡れることなく快適に作業できます。
 
今回紹介したレインウェアの詳しい情報は以下のURLをご覧下さい。
FS-6000 安全レイン
http://www.2784.co.jp/rainwear/fs-6000/
FS-1400 LIBRA
http://www.2784.co.jp/rainwear/fs-1400/

****************************a
お問い合わせはこちらから。
船橋 株式会社
名古屋市中村区名駅五丁目23番8号
TEL 052-571-6346

レインウェアの耐水圧 その①

こんにちは
船橋株式会社です。
今回は弊社のレインウェアの耐水圧について紹介します。

耐水圧とはどれくらい水が浸み込まないかを数字で示したものです。
具体的な例を挙げると、雨の日に使う傘は250㎜~500㎜です。

では、レインウェアにはどれくらいの耐水圧があればいいのでしょうか?

雨量が1㎜くらいの小雨の場合、求められる耐水圧は1,000㎜です。
 taisui-1.png

また、雨量が20~30㎜の大雨の場合、求められる耐水圧は10,000㎜です。
 taisui-2.png


さらに、雨量が100~200㎜の台風の場合、求められる耐水圧は20,000㎜にもなります。

taisui-3.png
 

レインウェアを選ぶ基準として、耐水圧を見てみるのも良いかもしれません。

船橋株式会社のレインウェアは耐水圧が10,000㎜を超える商品を多数揃えています。
レインウェアのページから確認してみてください。
http://www.2784.co.jp/rainwear/

次回は弊社の耐水圧の高いおススメ商品を紹介します。

****************************a
お問い合わせはこちらから。
船橋 株式会社
名古屋市中村区名駅五丁目23番8号
TEL 052-571-6346

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2015年10月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。

新着画像

Feed