船橋株式会社 ホームページへ

エントリー

2016年09月の記事は以下のとおりです。

タフブラード ズボン PT-21 / サロペット PT-22

こんにちは
名古屋の船橋株式会社です。

新商品”タフブラード”のズボンとサロペットについて説明します。

 

PT-21 ズボンの特徴*

余分なつなぎ目を無くし、フラット加工にする事により、強度が上がります。よって、食肉センターで多い屈伸作業でも、股が裂けにくい仕様になっています。


 

 

 

 

 

 

 

ズボンのつなぎ目部分

 

PT-22 サロペットの特徴*

 

肩周りが動きやすく、胸周りが汚れにくいのが特徴です。

快適な作業をするために特化した商品です。

上着はいらない、ズボンだけでは物足りない作業現場に最適です。例えば、皮を剥いだり、切断をしたり、手の上下運動が多い場所での使用を想定して作製しました。

 


 

タフブラード 長袖タイプPT-11 / 半袖タイプPT-12

こんにちは
名古屋の船橋株式会社です。

新商品“タフブラード” 長袖タイプと半袖タイプの特徴について説明します。

 

 長袖タイプPT-11 / 半袖タイプ PT-12特徴*

  

≪基本加工① 切り返し付 血液や水の浸入を防止する-

 食肉センターは、動物の血液が付着し汚れた場合、着用したままホースで洗い流してい ます。そのため、切り返しがないものだと中に水が浸入し衣服が濡れてしまいます。タフブラードはその問題点を解消した新仕様になります。

 

-補足-

切り返し以外にも、前立ての重なり部分を多くし、更に水の侵入を防いでいます。

 


 

≪基本加工② 無線機取付けループ付き≫

 今まで、無線機取付けループが無かった為、ガムテープで取り付けるなど工夫している作業員もいました。ループを付ける事により、作業員が工夫をしなくてもよい仕様にしました。

 


 

≪全体写真≫

 

 

 

 

 

半袖タイプPT-11 (ズボン別売り)    長袖タイプPT-12(ズボン別売り)

 

 

 

 

新商品“タフブラード”

こんにちは
名古屋の船橋株式会社です。

今回は、弊社新商品である“タフブラード”を紹介したいと思います。

 

≪タフブラードとは≫

食肉加工センターの作業に特化した、血汚れが落としやすいエプロンです。

種類は4タイプあり、全ての商品が超音波ミシンを使用し、加工面に凹凸がないフラット加工を実現し汚れがこびり付きません!

①  半袖タイプ   ②  長袖タイプ    ④ サロペットタイプ


 

-4タイプ-

①半袖タイプ ※ズボン別売り (PT-11)

②長袖タイプ ※ズボン別売り (PT-12)

③ズボン(PT-21) 

④サロペット(PT-22)

 

 

*生地と溶着方法*

1.生地の特徴

 ●パールテックス生地 使用

(ナイロン100% 両面特殊コーティング)

 ●血が落ちやすい

  当社実験済み(血液を入れた容器に浸し、8時間後と24時間後に洗い流した)

 

2. 溶着特徴

 ●超音波ミシンとシーリング機を使用

 

 ≪超音波ミシンとは?≫

1秒間に約20,000回振動し、その振動の摩擦熱で溶着をする。

・溶着面がフラットになります。

・超音波ミシンだけでは、すぐに裂けてしまうが、同素材の生地を重ねて貼ることで強度が上がり、裂けにくくなります。

 

2つの機械がないとできない加工なんです!

 

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2016年09月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

  • ページが登録されていません。